神戸六甲のアンティークショップ Antique L'armoire de TSUBAKI

ldtsubaki.exblog.jp
ブログトップ

2015年 02月 13日 ( 1 )


2015年 02月 13日

すきだというきもち

新しい何かを手に入れるときは、「欲しい・好きだ」という気持ちががとても大切だ!といつも思っています。

昨年の10月に参加させていただいた、阪急梅田本店でのPOP UP SHOP『FAVOURITES』では、
作家さんやバイヤーさん、いろんなステキな出会いがありました。

そこで、「2度目まして」のまなみちゃん「早崎真奈美 Manami Hayasaki」さんのゾクゾクするような作品に魅せられ、圧倒されてしまいました。
大きな作品は小さな我が家には置けないけど、どうしても自分の側に置きたくなってしまい、
わがままを言って大きな作品の一部である、蝶の切り絵を購入させていただくことをお願いしました。

快く その願いを受け入れてくれてから数か月。
まなみちゃんの作品の大きさに合う額を探して探して。
作品の奥行きが伝わる厚みのある額を探して探して、やっと見つけて彼女に送り、
私の部屋や私に合う台紙や、蝶を相談して一緒に見つけて額装してもらい、
遂に先日届けていただきました。

a0251762_18222129.jpg
届いたときはとてもゾクゾクしました。
今年我が家に遊びに来てくれたまなみちゃんは、わたしの部屋の様子などをわかってくれていて、
部屋に掛けたら、元々そこにあったかのようにしっくりと馴染みました。

a0251762_18225200.jpg
平面の切り絵の奥行きを感じる美しさと、紙であるからこそのはかなさ。
この作品が来てから、毎日、蝶と向き合ってソファに座ることがうれしくてたまりません。


全体の表現で彼女らしいアートを作り出す美しさがあるのですが、
わたしの小さな世界にまなみちゃんの世界が嵌まり、ここにおさまったことがとても幸せです。

彼女は日本の芸術大学を卒業してからロンドンの大学でアートを学び、
ロンドンでも活躍していた現役のアーティストで、作品集なども出しているのですが、
作品集を写真にうつしてもうまく伝わらないのが残念です。
(この部屋におさまった作品も上手に写真撮れませんでした)

このサイトに彼女の作品がすこし載ってたので、ぜひ見てください。
また、彼女の大きな作品をじっくり見て感じたいです。

「すきなもの」は「じぶんにあうもの」なんだと改めて感じたこの作品。
一生大事ににしていきたいです。

Antique L’armoire de TSUBAKI

[PR]

by larmoiredetsubaki | 2015-02-13 18:40 | □日々のこと | Comments(0)